モグログ-多ジャンルもぐもぐブログ-

多ジャンルつまみ食い系女子による好きなものと日々の考察

耳コピのすゝめ

こんばんは。さな子です。

 

耳コピのやり方って色々あると思います。

「コードとかよく分かんないし、専門的な知識ないんだよなあ…」

という方でも大丈夫です。できます!!!!!

今回は「音楽理論とか色々難しそうなことは置いといて、とりあえずやってみる」ことを目安に書いてみます。

まずは必要なものから。

 

私が耳コピするときに使っているもの

 

①イヤホン

イヤホンをした方が低い音を拾いやすいし、音をはっきり聴き取ることが出来ます。

イヤホンは何でも良いと思います。私はウォークマン付属の物を使用しています。

 

②アプリ

メロディが速い部分はまず速度的に聴き取ることが困難です。

そこで、再生速度を変えられるアプリを使用しています。

 

私が愛用しているのはミュージック テンポ チェンジャー というアプリです。

 

 

これ、速度だけでなく音程も変えられるし、「ここだけ繰り返し聞きたい!」という部分を指定して勝手にループしてくれる機能もあるんです。

音程も速度も1桁単位で変えられるので、自分のやりやすい様に微調整が効きます。

  

 

③楽譜作成ソフト 

手書きでもいいですが、大変なので私はMusescoreという無料ソフトを使って楽譜を作っています。

無料ソフトですがかなり優秀で、今のところ思い通りに作れなかったということはないです。

 

ちなみに、アカウントを作ると自分がMusescoreで作成した楽譜をアップロードし、オンラインで保存することが出来ます。

つまりソフトさえダウンロードすればどのパソコンでも作成途中の楽譜を編集することが出来てしまうんです。便利。

 

 

さて、必要なものがそろったらいよいよ耳コピです。  

 

さな子流耳コピのやり方

 

 ①主旋律を拾う

私の場合、まず主旋律を拾います。

メインとなるメロディーを拾うことで曲の雰囲気やテンポ、何拍子かなど分かりやすくなるからです。そして、何調か意識しながら聴きましょう。必ず#は♭が付く音はどれか、採譜しながらよく考えます。

それが分かってしまえばその後の過程がとてもやりやすいです。

 

②伴奏を拾う

次に伴奏を拾います。これがなかなか大変です。

 

低音は高音に消されて聞こえにくくなりがちなので、相対音感を使っていきましょう。

直前の音が分かればもし次に鳴った音がよく分からなくても、直前の音より高いか低いか主旋律と併せて弾いた時違和感はないか、原曲と聴き比べた時違和感はないか試すことで分かってきます。

 

③和音を付ける

①では主旋律を拾いました。私はまずメインのメロディーを単音で拾ってからそこに音を加えています。分けるのは面倒かもしれませんが、単純に聴く回数を増やすことで精度を上げることができます。

 

耳コピをする時のコツは

  1. 原曲を何回も聴く
  2. 相対音感を使って音の高低を意識して聴く
  3. 諦めない
  4. 音が分からなくなったら色々なパターンを試す
  5. 完成した後も何回か原曲と聴き比べる

だと思います。1回目では分からなかった音、間違えて覚えていた音も原曲を何回も聴くことで正しい音を判別し、間違いに気づくことが出来ます。

 

ベースの音は何の音か、和音の響きなどをよく聴いて「これかな?」と思う音を試してみましょう。

意外と、こんな感じか?と思って弾いてみた音がしっくりくることがあります。 

 

 

と、私流の耳コピのやり方でした。

 

こんな風に細かい知識や理論を勉強しなくても耳コピは出来るので、「難しそうだなあ…」と思っている人はぜひ挑戦してみてください。

もちろんちゃんと勉強した方がやりやすくなるし、精度も上がると思います。

でも知識が増えたところで上達するわけではないです。

 

その証拠に、私は音大出身ではありませんが耳コピは得意です。

母は音大出身ですが私の様に出来ません。

ということで、まずはどんどんやってみましょう。

 

参考になったら嬉しいです。

 

 

以上さな子による耳コピのすゝめでした。